横浜駅の時計
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon本&お得商品検索
わからない本などを検索できます。

割引率:%~%
Amazonで人気の和書.本  




















満ち足りた二時間ー銀河朗読会

今日1月30日は、恵比寿で開かれた第5回銀河朗読会に参加しました。

尾内達也さんの話と詩の朗読をたっぷりと聴くことができました。

尾内さんが、話でふれた「フランス詩のひととき」と言う本を帰りに八重洲ブックセンターで(購入しました。
CD付なので、今夜はフランス詩を聴きながら眠ります。

都筑区民文化祭で詩を掲出


私は 「小鳥の羽ばたき」を掲出

ほかには 関中子さん 新井知次さん 若林圭子さん 亀川省吾さん 植木肖太郎さんが詩を掲出しています。

都筑区役所ロビーにて
詩の展示は2月2日11時までです。

現団濱座 第4回公演 名医先生

現団濱座 第4回公演 名医先生

横浜詩人会議で、ご一緒の げん さんの参加する 劇団濱座の、公演案内(仮チラシ)です。
私も、時間の都合をつけて見に行きたいと思います。
THEME:同人活動 | GENRE:その他 |

世情


中島みゆき バー世情にも 美味しいつまみあり
焼き牡蠣

スペインの「ポデーモス」ってなに?

 小泉克弥さんから、以下の”論文”が届いた。非常に興味深い内容なので、掲載します。
 小泉さんも、拡散を希望していますので、よろしくお願いします。
 小泉さんは、私の詩の先輩で、スペイン留学の経験もあり方で、詩人会議の常任委員もなさっている方です。 


スペインの「ポデーモス」ってなに?   小泉克弥

運命の2016年が幕を開けた。戦争法制をなくすことができるか、国民の真価が問われる。スペインでは「ポデーモス」と言う市民政党が生まれ、初陣の去年12月の総選挙で一挙に69議席を取り、第三党になった。日本にも、熊本で「ポデーモス」的市民候補が誕生し、参院選へ向けて動き出した。全野党が結集し、こうした市民候補が全国で生まれるように願ってやまない。4月には北海道5区の衆院補選がある。どういう候補者選びになるか、注目している。平和と立憲主義を取り戻すためには、全国民の結集がなければならないから、「ポデーモス」躍進の事情をみてみるのも、意義あることではないだろうか。
 
 最近、スペインの政治状況が大きく変わってきた。それは、「ポデーモス」という政党の台頭である。このことは『季論』の今年2015年の夏号と秋号で、佐藤和夫千葉大学名誉教授が簡単に言及している。同氏はポデーモスを「極左」と規定している。私の眼には、極左というよりは、統一戦線的、つまり「市民左翼政党」のように見える。なぜなら極左というと、私には革マルや日本赤軍のような暴力集団が思い浮かぶからである。「ポデーモス」を極左と言うからには、「極左」について、新しい概念規定が求められているのではないだろうか。 
ポデーモスとは、英語のcanに相当するスペイン語の助動詞poderの、一人称複数現在形で、podemosと綴る。英語にすれば we canで、日本語に訳せば「われわれはできる」「われわれにはできる」である。スペイン語ではアクセントは後ろから2番目のシラブルにくるから、原語に近く日本語に表記すれば「ポデーモス」となる。スペイン語では人称の単数複数、現在過去によって動詞は格変化するから、主語は省いて構わないのである。
「ポデーモス」が、オバマの ”yes,we can!” に触発されたネーミングかどうかは不明だが、オバマはアメリカ帝国主義の「チェンジ」に挑もうとしたが、逆に弾き飛ばされ、”we can!” の面影は、今やどこにもない。各種の会議でアメリカ帝国主義のスポークスマンを演じているオバマは、力なく、醜い。「ポデーモス」がその轍を踏むことがないように願うばかりである。日本に起りつつある「ポデーモス」的市民革命の動向とも関連して、興味深い。

続きを読む

小森まどか没後35年切り絵展

小森まどか没後35年切り絵展

小森まどか没後35年切り絵展

会期 2016年 1月19日(火)~23日(土) 午前11時~午後6時(23日は午後3時終了)

会場 アトリエかしわTOKYO.2F(JR大塚駅南口)

入場無料

 


21歳で山岳事故で急逝した小森まどかさんの切り絵展です。
私は19日に観に行く予定です。
若くして、すでに東京新聞等で、活躍されていたようです。
楽しみです。

母と暮らせば を 見ました。

母と暮らせば

昨日、 母と暮らせば を 見ました。
涙が止まりませんでした。
あの 戦争で、原爆で 誰もが傷ついていると改めて思いました。

出演の二宮さん 吉永さん、黒木さん党役者の皆さんも素晴らしい演技で引き込まれました。
回想シーンで見せる 二宮さん、黒木さんの魅力もたっぷりのものでした。 
THEME:映画情報 | GENRE:映画 |

柴田三吉さんの詩-東京新聞 筆洗に紹介

160107東京新聞-柴田三吉
東京新聞 2016燃1月7日より  クリックして大きな画面で見ることをおすすめします。

北朝鮮の核実験にふれる中で、柴田三吉さんの詩「ちょうせんじんが さんまんにん」を紹介しています。(東京新聞 筆洗 2016年㋀7日)
この詩が掲載された「平和をとわに心に刻む305人詩集」(コールサック社)には、私も「言葉」という詩で参加しています。


北朝鮮の核実験は、許されない暴挙として糾弾すべきです。
日本政府が、これを口実として、軍事増強・戦争への道を突き進むことも許せません。
また、核保有国が核武器保有を廃止する方向へと進むべきだと思います。

謹賀新年


浅草寺にお参りした後、浅草うな鉄にて

ひつまぶしと升酒


◆スマホから更新できなくなっていたのですが、更新出来るようになりました。
正月休みは、ブログホームページ更新と原稿書きに頑張ります。
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
プロフィール

洲史(しま ふみひと)

Author:洲史(しま ふみひと)
詩を書いています。
「学校の事務室にはアリスがいる」「小鳥の羽ばたき」と詩集を2冊出しました。
詩人会議 横浜詩人会議 九条の会詩人の輪などに参加。
今は自由人です。一人の人間としての日常もアップできたらと思います。

月別アーカイブ
アクセスランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム