横浜駅の時計
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon本&お得商品検索
わからない本などを検索できます。

割引率:%~%
Amazonで人気の和書.本  




















大塚の波切不動に来ました




鬼平犯科帖に出てくる不動です◆近くの中南米カレー屋でランチしました

木曾 妻籠でも あべ政治を許さない


夏の詩の学校で馬籠 妻籠を回っています

妻籠

詩集出版しました。「小鳥の羽ばたき」―洲史

洲史詩集 小鳥の羽ばたき

【目次】

Ⅰ 事務室の窓から

事務室の窓から 

模造紙の大仏 

卒業式は終わった 

なにか ご用はありませんか 

うつむいたまま 

君の前に立つ少年と 

横浜の中学校で給食を食べたい 

小鳥の羽ばたき 


Ⅱ 鮟鱇の存在

鮟鱇の存在 

思い出 

まむし 

海を見に行く 

川中島の落ち武者 

おっかぁ 

田を崩す 

碑 


Ⅲ 言葉

唯ちゃんへ 

冬の月 

君とともに―俊彦さんへ

松田さん 

みゆきカラオケ 

言葉 


解説文 

 小さな存在の中にある大切なもの 佐相憲一 


あとがき 

略歴 


 コールサック社から、洲史詩集「小鳥の羽ばたき」を出版しました。
 佐相憲一さんはじめ多くの方にお世話になり、発行できました。
 私としては「学校の事務室にはアリスがいる」(詩人会議出版 2011年7月発行)以来、2冊目の詩集です。
 立ち読みもできると言うことなので、コールサック社のHPのアドレスを以下につけます。ご覧いただけたら幸いです。

 http://www.coal-sack.com/syosekis/view/1650/1650洲史詩集『小鳥の羽ばたき』
THEME:詩集・詩誌・詩に関する本 | GENRE:小説・文学 |

詩人会議声明 「戦争法案」は廃案にせよ!

声明 「戦争法案」は廃案にせよ!

 六月四日の衆議院憲法審査会で、三人の憲法学者が今回の安保関連法案は「憲法違反」だと断じるなど、「憲法違反」の法案を一政権の解釈で成立させてはならないという国民の声が日々たかまっています。
そうしたとき、政権党内部の集まりで、批判的マスメディアに圧力をかけ、沖縄の地方紙二紙は「つぶさなければいけない」と暴言が出たこと、そして戦後沖縄の曲解にもとずく侮蔑的発言がなされたことが報じられました。
沖縄県議会をはじめ多くの国民の抗議がありましたが、政権はその歴史認識を改めてはいません。
なによりも米大統領と米議会に約束した一一の「戦争法案」を成立させようと、九五日の国会大幅延長をし躍起になっています。
「戦争をしない国」を「戦争をする国」へ変え、「殺したり殺される」戦争への参加ができる国へ、憲法九条を蹂躙してすすむ安倍政権を許すことはできません。
私たちは憲法で保障する言論・表現・報道の自由を重視するものとして、本法案は即時廃案とすることを要求します。

  二〇一五年七月一〇日
    詩人会議常任運営委員会 


私の参加する 詩人会議常任委員会が、上記の声明を発表しました。
THEME:詩の朗読・催し | GENRE:小説・文学 |

詩人会議 2015年8月号

詩人会議 2015年8月号

詩人会議 2015年5月号



私は、この号にグループ詩誌評を書かせてもらいました。
また、グループ・会員活動だより に 「戦争する国ゴメンです」に参加 報告記事も掲載されています。
THEME:詩集・詩誌・詩に関する本 | GENRE:小説・文学 |

「安保法案」の廃案を求める文学者の集い 7月25日 池袋

2015年7月25日 「安保法案」の廃案を求める文学者の集い
文学者のつどいが開催されます。ご案内します。
THEME:詩の朗読・催し | GENRE:小説・文学 |

九条の会詩人の輪は、声明を発表しました。

 



声明
 ひとつひとつの命を見つめる詩精神の原点から緊急声明を発表します。
政府は大幅な会期延長の上、集団的自衛権の行使を可能とするために、自衛隊法等を改正するとともに、新法を制定しようとしています。新安保法制(戦争法案)は、これまで憲法に違反するとして認められなかった自衛隊の戦闘活動を可能とするものです。日本が攻撃されていない場合にも実力行使を認め、周辺事態に当たらない場合であっても米軍及び米軍以外の他国軍隊に対する支援を可能にし、一部の活動については現に戦闘行為が行われている現場での実施も可能にしてしまいます。
 すでに憲法学者の多くが違憲の判断を示し、地方新聞の多くも違憲の論調を明確にしているように、これは恒久平和主義を定める憲法前文や第九条及び立憲主義に明確に反するもので許されないものです。
 自民党、公明党の連立である安倍政権は、特定秘密保護法を制定、「積極的平和主義」の名のもとに戦争参加の道を開き、戦前から戦中にかけて行われた「転進」や「玉砕」などの言葉の言い換え、沖縄辺野古の新基地建設強行など、「戦争のできる国」への動きを見せてきました。マスコミ懐柔の政策も大問題であり、自民党若手議員の勉強会「文化芸術懇話会」の場を使っての、反論を許さない姿勢にもあらわれていて、きわめて危険な状況です。
 私たち「九条の会詩人の輪」(賛同者一一一九名)は結成から十年間、思想信条や政党支持の違い、詩文学の考えの違いを超えて、平和憲法九条支持の一点で運動してきました。何よりも詩と文学を大切にするからこそ、その原点であるひとつひとつの命をないがしろにする動きには強く異議を唱えてきました。文化的な世界友好の心を守るためにも、多様な日本文学の今後を守るためにも、私たちは新安保法制(戦争法案)に反対し、法案の撤回を強く求めます。そして、国民・市民の多数が納得してもいない九条改憲の動きにも強く抗議します。

二〇一五年七月十日
九条の会詩人の輪 よびかけ人・世話人・事務局一同  
 

私も、事務局の一員として参加しています。
THEME:詩の朗読・催し | GENRE:小説・文学 |
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
プロフィール

洲史(しま ふみひと)

Author:洲史(しま ふみひと)
詩を書いています。
「学校の事務室にはアリスがいる」「小鳥の羽ばたき」と詩集を2冊出しました。
詩人会議 横浜詩人会議 九条の会詩人の輪などに参加。
今は自由人です。一人の人間としての日常もアップできたらと思います。

月別アーカイブ
アクセスランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム